藤沢市 債務整理 法律事務所

藤沢市に住んでいる人が借金・債務の相談するならコチラ!

借金の利子が高い

借金の額が多くなりすぎて返済が苦しい…。
多重債務で首が回らないので、債務整理したい…。
もしそう考えているなら、すぐに司法書士や弁護士に相談しましょう。
司法書士・弁護士が提案してくれる解決策で、毎月の返済が減額したり、督促がストップしたり、という色々なメリットを受けられる可能性があります。
今ではインターネットで無料相談ができる法務事務所や法律事務所も沢山あります。
ここでは、藤沢市に対応している、お勧めの所を厳選して紹介しています。
また、藤沢市の地元の法律事務所や法務事務所もいくつか紹介しているので、それらも参考にしてみてください。
借金問題は、1人で解決するのは難しいものです。
弁護士・司法書士の知識や知恵を借り、最善策を探しましょう!

債務整理や借金の相談を藤沢市の方がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

藤沢市の債務や借金返済解決の相談なら、コチラがお勧め。
弁護士が対応してくれて、全国に対応している弁護士事務所。
初期費用が0円だから、現在の手持ちがなくても安心して相談できます。
代金の支払は、分割払いもOK。
相談料ももちろん無料!
借金の督促をストップすることも可能。
任意整理、個人再生、自己破産、過払い金、など、借金・債務に関して無料で相談することができます。
しかも、窓口では24時間365日、いつでも受付可能です。
フリーダイヤル(電話代金無料)で相談受付することができるので、借金返済で悩んでいる方も今すぐ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国に対応している、借金や過払いの悩みを相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、自分に適した方法で多重債務・借金の問題を解決していきます。
また、過払い請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から料金を支払えます。
任意整理においても、和解成功報酬・減額報酬などを一切支払わなくてよいので、お得に解決が可能です。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性専用の相談窓口も用意されているので、女性の方も安心です。
まずは気軽に無料相談からいかがでしょうか。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

藤沢市在住の方が借金や債務整理の相談をするなら、このサービスもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という名の、ネットでできる診断ツールです。
とても簡単な3つの質問に答えるだけで、どうやって借金を減らすかの方法や、毎月返済する金額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士へ直接相談するのは、ちょっと不安。
そんな人にもピッタリです。
しかも匿名&無料で使えます☆
全国に対応のサービスなので、藤沢市の方も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすか分かる!
  • 月々の返済額がいくらになるのか分かる!
  • 無料&匿名で利用できる!
  • 全国対応!
債務・借金の悩み、無料&匿名で診断・相談してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の診断と相談を、匿名&無料で。



弁護士へ相談前の注意



他の藤沢市周辺の法律事務所や法務事務所紹介

他にも藤沢市にはいくつかの弁護士・司法書士の事務所があります。参考にしてください。


●三好千江子司法書士事務所
神奈川県藤沢市南藤沢7-9 ロイヤルハイツ藤沢 2F
0466-25-1343

●司法書士ささい事務所
神奈川県藤沢市湘南台2丁目7-9 ナリタビル502号室
0466-21-9989
http://sasai.on.omisenomikata.jp

●湘南台司法書士事務所
神奈川県藤沢市 湘南台一丁目6番地の6 ニュー椿ビル1F
0466-47-2602
http://souzoku-touki.net

●辻堂新町司法書士事務所
神奈川県藤沢市辻堂新町1-4-1
0466-52-4890
http://tsujidou-shinmachi.jp

●エル・ファーム湘南司法書士事務所
神奈川県藤沢市 大鋸1丁目2-18 5階A
0466-28-0202
http://l-firm-shonan.net

●司法書士シーガル法務事務所
神奈川県藤沢市辻堂1丁目3-13 江戸惣ビル6階
0466-97-1196
http://shonanhouki.com

●司法書士松崎事務所
神奈川県藤沢市辻堂2丁目6-1
0466-36-3639
http://matsuzakijimusyo.com

●杉本千里司法書士事務所
神奈川県藤沢市大鋸1丁目9-13 コート・リヴィエラ2 1F
0466-22-1338

●司法書士たきた事務所
神奈川県藤沢市辻堂新町1丁目13-17 CORALSEAS 2F
0466-47-6512
http://takita-z.jp

●司法書士法人市川事務所
神奈川県藤沢市南藤沢4-16 マサキビル 4F
0120-520-625
http://ichi-jimu.com

地元藤沢市の法律事務所や法務事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ただ、「診断シミュレーター」やネットからの無料相談の方が、不安なく相談できるのではないでしょうか。

藤沢市在住で借金問題に悩んでいる場合

色んな人や金融業者から借金した状態を「多重債務」と呼びます。
こっちでもあっちでもお金を借りて、返済先も借入れ金額も増えてしまった状況です。
キャッシング会社で限界まで借りたから、別のキャッシング業者で借金。
クレジットカードのリボ払いやキャッシングを限界までして、クレジットカードを何枚も持ったり。
多重債務の状態にまでいったなら、たいていはもはや借金返済が難しい状態になってしまっています。
もはや、どうやってもお金が返せない、という状況。
ついでに金利も高い。
手詰まりだ、なすすべもない、と思ったら、法律事務所・法務事務所に相談してみましょう。
司法書士や弁護士に相談し、今の状態を説明し、解決するための方法を提示してもらいましょう。
お金・借金の問題は、司法書士・弁護士知恵・知識を頼るのが得策ではないでしょうか。

藤沢市/債務整理のデメリットにはどのようなものがある?|債務整理

債務整理にも様々な手口があって、任意でやみ金業者と交渉をする任意整理と、裁判所を通す法的整理である個人再生、自己破産と、ジャンルが在ります。
じゃあこれらの手続について債務整理デメリットという点があるでしょうか。
この3つの方法に共通する債務整理の欠点と言うのは、信用情報にそれら手続をした事が掲載されてしまう点です。いわゆるブラック・リストと呼ばれる状況になるのです。
としたら、ほぼ5年〜7年くらいの間、カードが創れず又は借金が出来ない状態になったりします。とはいえ、あなたは返済金に日々苦しんでこれらの手続を行うわけなので、もうしばらくの間は借金しない方が良いのではないでしょうか。じゃローンカード依存にはまり込んでいる方は、むしろ借入れが不可能になる事により出来ない状態になることにより助けられるのじゃないかと思います。
次に個人再生又は自己破産の債務整理のデメリットですが、官報にこれ等の手続を行った事実が記載されてしまうという点が挙げられるでしょう。しかしながら、貴方は官報など観た事が有りますか。むしろ、「官報とはなに?」といった方の方が複数いるのじゃないでしょうか。
実は、官報は国が発行する新聞の様な物ですけれども、業者等の特定の方しか見てません。ですので、「自己破産の実態が御近所の人に広まる」などという事はまず絶対にないでしょう。
最後に、破産独特の債務整理の欠点ですが、1辺破産すると7年という長い間、二度と破産はできません。そこは留意して、2度と自己破産しなくてもよい様に心がけましょう。

藤沢市|自己破産にはやっぱりリスクがある?/債務整理

はっきり言って世の中で言われている程自己破産のリスクは少ないです。土地・高価な車・マイホーム等高価格のものは処分されるのですが、生活していくなかで必要なものは処分されないのです。
また20万円以下の蓄えは持っていてもよいです。それと当面数箇月分の生活に必要な費用が一〇〇万未満なら没収されることは無いのです。
官報に破産者のリストとして記載されるのですがこれも極一部の人しか見ないでしょう。
また俗にいうブラック・リストに記載されしまい7年間位の間キャッシング・ローンが使用出来ない現状になりますが、これは仕方無いことでしょう。
あと決められた職種に就けないと言うことがあるのです。しかしこれもごく一定の限られた範囲の職種なのです。
したがいまして債務超過で返す事が不可能な借金を抱えてるのなら自己破産を行うと言うのもひとつの手法なのです。自己破産を実行したならばこれまでの借金が全くなくなり、心機一転人生を始められると言うことでメリットの方がより多いと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限として弁護士や税理士や司法書士や公認会計士等の資格はなくなるのです。私法上の資格制限とし遺言執行者や後見人や保証人にもなれません。また会社の取締役などにもなれないでしょう。けれどこれらのリスクはあまり関係がない場合が多いのではないでしょうか。リスクは余り大きな物ではない筈です。